« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

ML名国列伝 パート3

名もなき戦士が見た天下 【勝利の方程式】

エッヂvs無双 時代も大きくなりすぎた2大国。ロダン大帝・ブリ殿と両国のエースが退団し、新興勢力True_Love国の建国にあわすように、勝利の方程式国の建国はML20年。戦国時代の幕明けであった。当時、名将集まるエッヂのチャットと対照的に名声は、まだ低いものの熱い若手の交流スペースがあった勝利HP掲示板。エッヂのチャット・勝利掲示板がML馬主をつなぐ2大交流スペースであった。ML国の建国のほとんどが、名声の高い武将が建国し、他の武将があつまるという図式を打ち破ったのが、掲示板から自然と建国に至った勝利の方程式国である。スター不在の方程式国であったが、HP知名度の高さから中堅馬主が多数集まり、打倒鬼サークル・鬼馬主に立ち上がった。建国3年目での全国統一、そして連覇! どんどん集まる新鋭馬主達w 新たな勝利時代の幕明けであったが・・・急激に巨大になった無名馬主による有名大国に、華麗一族・絶対感性国というスター馬主揃える新国の前に、徐々に色あせていった。短いながらも太く生きた、名もなき武将達の乱であった。現在では、国自体が滅亡してしまったが・・・全国制覇の経験と他の鬼馬主との交流の門戸が開いたことで、今では元勝利国在籍の現在鬼馬主と恐れられる武将が多数存在する。仮に、現在再集合するとスター馬主多数在籍する大国となるだろう・・・

【勝利の方程式】・・・HP掲示板スタートから建国した唯一の名国。無名馬主の集合体から鬼馬主に団体戦を挑んだ、下剋上の乱であった。個々が持っていた情報を共有することで、後々名将の地位を築いた武将達の鬼馬主への第一歩だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

ML名国列伝 パート2 

野武士軍団【三国無双】

エッヂのライバルとして名を馳せた三国無双・・・ML1年目に、ぬっしー殿により建国された古豪中の古豪である。通算5度の全国制覇の実績を誇る、無双の初制覇は、ML9年目の白珍・奥州みちのくとの3つ巴戦であった。優勝の無双から3位の奥州まで1億5千万差の大激戦を制したものであった。ML14年にエッヂが急激に力をつけ3連覇した際に常に2位に甘んじながら、17年に90億無双ー80億エッヂの高レベルの2大大国対戦を制してから20年まで実に7年に渡るエッヂ・無双時代が続いた。ともに100億近い賞金を稼ぎ、完全に2大政党時代であった。

エッヂとは、ともにエッヂチャットにて交流を深めた良きライバル同士であった。才能高いエッヂの戦士と比較して、各武将が日々MLの検証を続け非公開とされている無双の掲示板に綴られていたと聞くw 現在は、過去の輝きは失われたものの長らくMLに参戦している伝統の大国である。 現在感性国の暴帝 黒沢殿・【☆ミ】の副団長・元華麗一族族長の帝王殿に加え団長のぬっしー殿 エースであった牝のすすず殿・Newスターと呼ばれたブリ大根殿と最盛期には、エッヂにも負けない素晴らしい武将を揃えていた。

打倒エッヂに向けられた闘志と探究心は、MLにおいての有効なる戦略を確立させ、それは、今もなお各国への大いなる遺産として受けつげられている。

三国無双・・・現在のMLを支える名将を数多く輩出するとともに、MLにおける数多くの勝つための秘策を明らかにした。それは、後にも先にも最大の野武士軍団であり、最大のチームワークを有していた伝説の大国である。(´∀`)9 ビシ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

ML名国列伝 パート1

書く事もないので、ネタをひとつw

永遠の名門【エアエッヂャーズ】

私が、本格的にMLに参加した時は、エッヂ VS 三国 の2大大国時代。

スターの【エッヂ】と野武士の【無双】というイメージだった。開国当時は、弱小国ながらも気の会うエッヂャーばかり集まっていたと聞く。現在は、各国にチャットという交流スペースがあるが・・・当初は、強豪が集うエッヂのチャットは、MLにおける情報の宝庫であった。今は、エロ話しが主体だが・・・エッヂのチャットは、本道老舗と思っている。

ML14年に初優勝を飾りエッヂ時代が幕開けとなった。おおらかな江亜団長の下にML界伝説の腕利きスカウトマン柳殿を擁して、最盛期には、ロダン大帝・セザンヌ殿・京極堂殿・ハジーレ殿・甲斐殿・本多殿・ベガ殿をはじめとするGⅠハンターが多数在籍するスター軍団だった。 その時の柳殿の全国制覇するぞという意気込みは凄く、現在の私の【☆ミ】への全国制覇への意気込み形成に大きな影響をあたえたものだw 良きライバル国、三国無双にも恵まれ大きな歴史を残したといっていい。

エアエッヂャーズ・・・名将を数多く輩出し、スカウトの地位を確立し、エッヂチャットという本道交流スペースの確立。そして、後にも先にも最大のスター軍団であった(´∀`)9 ビシ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

ML47年スタート

ML47年スタートw

ML46年は、奇跡と言っていい大逆転での全国制覇だったw おかげでウィポ通信【憩いへの挑戦状】は、ボツになったがoz・・・ 昨年の獲得賞金76億は、【☆ミ】として歴代3位w 重賞71勝は、歴代2位だったw これで通算全国制覇9回目となる。全盛期の力がなく、いろんな方が新規で参入しレベルが高い現状でのこの成績は背伸びしての120%が出たんじゃないかな。しかし、自分でもびっくりするくらいサークル争い接戦で強いなw

打倒憩いに燃えたこの数年・・・おかげでスーパーエース【セイバーたん】が復活傾向にあり、小田切さんが復帰してくれた。帝王も少しづつ箱庭を進めてくれているらしい(*゚∀゚)=3

さて、次の目標だが・・・今更、6連覇・7連覇等狙っても仕方ないし・・・個人成績というのも味気ないwww 通算10回目の全国制覇というのも簡単すぎる目標だな(あと1回だし)う~ん・・・困ったw 自ら記録を作るような目標は、疲れるからイイヤw 武闘派【☆ミ】として気に入らない戦いをするライバル国が、現れ5連覇の金字塔への並び抜こうとした時に鬼になろう(´∀`)9 ビシ!!

1、多数派工作をして、サークルバランスを崩し5連覇しそうな国

2、直対のない初心者エリアで暴れて、5連覇しそうな国

3、鬼が順番に無茶な出走をして、それをローテーションし5連覇しそうな国

4、セカンドを有効活用して、5連覇しそうな国

5、栗毛ばかり登録して、5連覇しそうな国www

6、お題目ばかりやって、ウイポせずとも、5連覇しそうな国

まぁ~ネタだが・・・4は、【☆ミ】ねw 

今年は、のんびりが40周年らしく攻勢をかけてきているなw 【☆ミ】は申し合わせして馬を集めたりという概念がないので、反抗したくなる。個人的には昨年より今年の方が馬の質は高いのだが・・・燃え(萌え)ないとベガ殿の馬は走らないので、これからの馬を2頭引退させて、将来に備えておこう。 そういや、久しぶりに個人成績10位復帰したな(´∀`)9 ビシ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

ML46年スタートw

ML46年目がスタートしたw

【☆ミ】は、昨年久しぶりの重賞50勝・総賞金50億越え・スーパーエースセイバーたんのGⅠ制覇と良いことがいっぱいあった(´∀`)9 ビシ!!  しかし、憩いとは11億の差をつけられて、2着に破れる( ´△`)アァ-  

ベガ殿自身も久しぶりのベスト20を目前にし21位だったww

最近は、21位・25位・24位・31位・19位・46位・24位・19位と低迷しているw 今年は、久しぶりに金杯ダブル発進と好スタートがきれただけに、憩い追撃のためにもベスト10入りが目標と大きく出てみるww そして、久しぶりに早熟2頭を2歳に投入し、来年のクラシックで走らそうと考えているw 

憩いは、今年 感性・【☆ミ】の金字塔5連覇がかかっている。憩いを上回るには、安全地帯殿・琢朗殿でエリア1での秋の古馬GⅠを総取りに近い状態を計算に入れる必要がある。そして、エリ2・3では、鬼ラプタ殿・ロリン大殿・新鋭ヒッサン殿を中心とする、猛者達を打ち破らなければならない。その他、各他国の名将の馬達も虎視眈々な事を考慮すれば、10月終了時点で10億差を憩いにつけなければ勝機はない・・・最低5億でエリ2・3のGⅠ戦線を勝ちまくる必要があるなww 正直キツイ数字だ(;・∀・)  しかし、強国に立ち向かうとの事でモチベーションが高まってきているのも事実(´∀`)9 ビシ!!  ベガ殿は、サークル成績しか興味がないw 個人成績の良い年は決まって、【☆ミ】のピンチ及びチャンスの時だったw 現在登録している馬の質も悪くはないと見ている。今年・来年と打倒憩いにアグレッシブに挑むよ(´∀`)9 ビシ!!

う~ん・・・やはりきつい国力差だなw やっぱりw 

現在フリーの大物と言えば・・・仮の大殿だった どびぃさん w  現在小国の栗毛の中田さん・朱弥さん このあたりが、【☆ミ】に参国してくれれば憩いと互角に戦える・・・ 勝利時代の友人だし、話しやすい名将達だが・・・ 

ここは、我慢で【☆ミ】の古将の復活待ちとしよう(´∀`)9 ビシ!!  現行の国力で憩いを倒す(´∀`)9 ビシ!!  まぁ~金字塔を破られたら、それを塗り替えればいいだけさ( ゚Д゚)y-~~ そして、いざとなれば元【☆ミ】の名将を切り札に・・・(´∀`)9 ビシ!!   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »