« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月22日 (火)

ML68年スタート(´∀`)9 ビシ!!

またしても、前人未踏の6連覇を感性国にブロックされた・・・( ´△`)アァ-   それでも、個人的には、姫が菊ダブル(*゚∀゚)=3 に マイルCS制覇(´∀`)9 ビシ!!   殿機も 皐月にJCを制覇と、大満足の1年だった! テストで試した、普通早の菊・秋華入れ替え狙いの短命だが・・・結果、12戦で、それぞれ本格化した。となると・・・ダービー後の6・7・8・9月で、それぞれ2戦づつでも、10月の本番が9戦目(;・∀・) 足りないww できるだけ、6・7月に無理して、9月からは、本番へ向けて調子を整えたい・・・ そう考えると厳しいなww やはり、85以下80以上あたりの寿命の短命なら、マイラー桜用との入れ替えで、5月に3連闘・1週放牧、6・7・8月に中1週で月2走で9走・・・TR、本番でも足りないなw プラスできるだけ早い月(7月あたりがいいかな?)に3走するパターンなら、菊花賞・秋華賞に本格化しながら、追いきりの強さを調整する事で、出来も保てるな(´∀`)9 ビシ!!  もちろん馬個体差もあるので、平均的なものさしって感じだな( ´△`)アァ-

戦いは、まだ続くわけだが・・・馬の方は、

春天争いの、カモンベイビーベガw 寿命がないので、春天直行w 出れなければ仕方ない( ´△`)アァ-  

ダートの生き残り、グンシンベガ。とりあえず、GⅠのタイトルがほしい(´∀`)9 ビシ!!

JC勝った、精神やや落ち、健康大落ちのベガチュー号は、関東圏しか走らなかったので、寿命を残している。 せっかくJC勝ったので、68年の秋3冠の出走権があるので、今年は、ここ3走に毎日王冠あたりを叩いて突入で合わせて4走だw 再来年は、寿命のある限り走らす作戦(´∀`)9 ビシ!!

京王杯SC等を制した、ベーガ号 こちらは、最終週のファイナルSを勝ったことで、姫・七郎君を交わして、逆転ベスト10入りに貢献した、立役者(´∀`)9 ビシ!!  1つくらいGⅠを勝たせてあげたいよ( ´△`)アァ-

新入厩は、明け4歳の遅め芝を1頭 ナガシマンガンベガは、マイブームの精神のみAのクラシック芝の馬。 そして、馬の整理にて見つけた、2400-3500の遅め ベガジラルディーノ号  2歳には、遅めの短命ながらも内国仕様なので、2歳1月入れだ(;・∀・) 

(´-`).。oO(今年こそは、個人総合1位を勝ち取りたい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

ML67年 感性祭り総括( ´△`)アァ-

ML67年も11月に突入し、現在25億差w 完全に自力優勝の芽は、なくなったが・・・ 他力優勝の芽(あくまでも、黒沢さんの間違えての解散ボタンをあきらめていないww)が、少し残っているので・・・このまま走るのみ(´∀`)9 ビシ!!

まず、返し馬の状態(前年66年)で、感性さんの仕上がり状態を確認する。ほぼ万全の状態で祭りに投入しそうだ( ´△`)アァ-  過去最高戦力の感性さん相手に、この時点で敗北が確定していたのかも知れないw ただ・・・何度もミラクルを達成してきた【☆ミ】の大殿として、ビッグミラクルを期待した仕上げで挑んだ。殿機は、非MAX限定ながらも最高戦力に加えて、あたため続けている内国を1頭投入(非重賞にて2歳と夏場に入れ替えとなったが・・・) 

後は、相手次第(*゚∀゚)=3  相手の戦力イメージはこうだったw  感性さんは、古豪から新鋭まで、バラエティーに富んだ馬主陣に加えて、高杉氏・大輔氏は、近年においても鬼と恐れられるトップ馬主だ。 黒沢帝・ロダン帝の両帝のML知識は、ML屈指の古豪だw 

現状エースと君臨するのは、大輔氏と高杉氏 だw  67年中もGⅠ数や賞金において、この2人が実質稼ぎ頭となる可能性は高い。だが・・・相手は、ここじゃない(´∀`)9 ビシ!!   とw 見ていたw 感性の若き2枚看板の豪腕は、強力だが・・・自分の馬と向き合うタイプに加えて、初の祭りレベルでの戦いになる。 その年のレベルや相手関係で戦術・ローテ・馬の入れ替え分析は、経験不足だw てか、普通こんな分析必要ないなw 自分の馬と向き合ってればいいだけだが・・・( ´△`)アァ- そこで、少しリズムを崩すと、まったく働けない事もあるw そして、この感性の若手エース陣は、ML参戦当初からエリ1なるものがあったので、あまり苦労知らずだw 最初からエリート路線に乗っていた((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  今年に、最大の苦労を味わってもらおう(´∀`)9 ビシ!!  と思っていたら・・・結果的には、高杉氏がオープニングのダートGⅠをダブルにて、勢いをもたらしw 大輔氏は、例年通りの安定した戦いぶりだった。 このへんは、さすがだったなww

そして、真打ち 黒沢帝・ロダン帝だが・・・ ML初期に頂上を見てきたGⅠ100勝越えの古豪だが・・・近年のブランクにより、現在のレベルに対して、以前の指示・戦術が合わなければ、もともとモチベーションは、高くないので、ここを叩いて感性国全体にやる気を低下させる方法が、唯一の【☆ミ】勝ち戦への道とみていた。そして、祭りの入りが、秋のGⅠ戦線の事を考え、いつもより賞金を上乗せした入りをしていたんじゃないかな? ここを突くしかない(´∀`)9 ビシ!!  一般的に考えると、賞金を上積みして入るのが最善策だが・・・【☆ミ】が勝つには、宝塚・有馬のダブルグランプリレースの出走権(単に生涯賞金順)の確保は、不利でも・・・年頭の軽ハンデ戦を制して勢いつける方法だ(´∀`)9 ビシ!!  少しでもハンデ軽くすることで、1・2月の古馬戦線を圧倒し、その勢いで上半期まで押すことができれば、秋のGⅠ戦線で、感性国は、総賞金は高くても、年内非重賞もしくは、年内賞金を低くすることで、除外の嵐をくらわす手だった(´∀`)9 ビシ!!  こちらも結果として、【☆ミ】陣は、ハンデ戦自体に、なかなか出走できなかったのに加えて、同じ軽ハンデで入ってきた、仮国との潰しあいにて、ある程度賞金を稼いできた感性国の戦いに分があった( ´△`)アァ-  両ロートル帝だが・・・年頭は、やはりいつもと違う重賞に出てくる他国馬の質・量に、違和感を感じて苦戦していたようだが・・・ そこは、すぐにバランスを合わせてきて、対応してきた( ´△`)アァ-  このへんは、【☆ミ】の強さと類似する点なんだが・・・ML初期に 配合やMLでの戦い、寿命との関係や、なんとなくわかる馬の活躍時期等、当時、まったく他武将ブログ等による情報を聞く場がなかった時代に自ら切り拓かなければ、ならない状況にてトップに君臨してきた力だなw 簡単に対応されたことで、両帝自身のモチベーションを保て、若き武将への指示も的確で、【☆ミ】の反撃を封じることがだきたんじゃないかな・・・

そして、若手ふうりん氏・隼人氏が、予想以上に活躍してきた。大舞台経験(85ALLクラスの過去の使用量)の少なさから、走らない85でもひいた時の見切りや対処方法の経験値の少なさから、バランスを崩すと、まったく稼げない事もあるとみていたが・・・ 結果として、ここ数年GⅠ戦線にて、好勝負をしてきたふうりん氏は、今年ブレイクw ひと皮剥けた印象だw ふうりん氏の馬は、大輔氏と違って、外車が多く、クラシック適正の馬が多い。 私も含めて、このような馬が多いのが一般的だw 同タイプが多いと、上に上がるには、まさに感性を磨く必要がある。対して、特殊な大輔氏(内国寿命100ステイヤーが多い箱を持つ)・高杉氏(抜群の箱で85が多数)エリートエースとは、また別の道で上のクラスにあがってきたので、今後、技のふうりん・力の大輔・コジ氏 と 3本の矢で感性国を引っ張っていくんだろうな((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  まったく初体験とみていた、隼人氏も年頭の古馬重賞戦線にて、【☆ミ】の馬をよくブロックしていたw 

最後に、甲斐氏だが・・・・賞金足らない外車をダービーに登録していたり、オークス馬をエリ女に登録せずに、JCへ直行だったり、管理が十分にできてなさげながらもw 彼も、元常勝 エッヂの一員w 曲者的な活躍で【☆ミ】を苦しめた( ´△`)アァ-

こうしてみると・・・いろんな面で完敗だった( ´△`)アァ-

最後に、総合1位争いだが・・・やはり、エリ1の初心者エリアとエリ2・3の上級者エリアとの賞金が一緒なのは、納得いかない( ´△`)アァ-  エリ1の賞金なんか1/100で、いいんでない? もちろん初心者の人に責任はなく・・・システムの問題だがw エリ1を除く戦いについての分析として、今年は、王道路線の賞金が今のところ割れている。よって、王道路線に数多く集めるより、ダート・短距離・古牝芝、ダート みたく 分散させて、制圧路線を作った方が、今年については正解だった。現在1位( あえて1位と書こう)の黒沢さんは、3歳ダート路線を制圧し、安定して稼いだことで他の馬達に無理なローテを組まさずに、宝塚・秋天という王道も制圧した。この路線制圧というのも難しいんだが・・・成功するとゆとりが持てる。ふうりんさんは、3歳クラシックと2歳戦を制圧した。このように、やはり安定して稼げる路線を持つ事は、重要だな。ロダン帝も複数アカを駆使すると・・・結構平均的に安定してしまう。となると、馬主1位を狙うには、マトがぼやける中で、さすがに上手くまとめてきたな。どびぃさんと大輔さんは、さすがって感じだなw  私も、個人的に久しぶりにベスト10近辺に持ってこれて、絶好調だった(*゚∀゚)=3 各人、特に祭りと関係ない国の武将は、順位に満足、不満って方も多いだろうが・・・ 期待する水準が高すぎると、現状の水準に満足できない( ´△`)アァ-  私のように、いつも期待水準をベスト30位に設定すると、いつでも満足できるよ(*゚∀゚)=3  これ、長く続けるコツ(´∀`)9 ビシ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

短命の運命(;・∀・)

さてさて、ML67年も秋競馬に突入(´∀`)9 ビシ!!  感性さんとは、20億差と厳しい現状だが・・・ 黒さんが間違えてサークル解散ボタンを押すのを期待して、追撃はあきらめない(´∀`)9 ビシ!!  

ところで、またまた箱庭を完成させてみたw 後は、種付けせずに毎年セーブしていた箱を種付けするだけ(´∀`)9 ビシ!!  爆発力は40前後なので、UPする必要もないだろうが・・・( ´△`)アァ-  ちなみに〆父が25頭(*゚∀゚)=3 ×16年 に 〆母は、30頭(*゚∀゚)=3 8分割しかしてないので、全部の〆父や〆母が、毎年種付けできるわけでもないがw 晩年は、クラブ〆母はいなくなってたしw ちなみに、大金持ちのかんさんから、100億程いただいたりしたのだが・・・(゜ー゜)(。_。)ぺこり かんさんは、アイテム節約派なので、いつも助けていただいているw てか、あんだけサークル勝ちながら、セカンドとダブルの賞金を取りつつ、いつも貧乏な私っていったいwww  Netフォルダ1つでは、足りずにフォルダが12個もあったりするんだが・・・SP84以下を削除したりしたので、フォルダ1つ平均は、70頭台だと思うが・・・ 

そして、次は寿命の低いやつの整理だw  感性祭りも劣勢だったので、入れ替えで寿命の低いやつを投入してみた。まず、早熟は使いがってもいいので、寿命関係ないんだが・・・ 1000-1200・1000-1300 の馬の寿命60台についての検証w つまり、函館2歳・小倉2歳用だ。寿命100で3戦あたりで本格化するなら、これほどスペシャルな馬はいないんだが・・・いかんせん短命w 本格化するのかw 2歳12月のフェアリーSあたりになると、入れるなり本格化なので、牝ならやや使えるかな? 検証結果として6月入れで5・6戦しても本格化しなかったw となると、マイル以上の適正距離ない早熟短命は、ポイだな( ´△`)アァ-  ちなみに、姫機にいれて1400-2100・1300-2400の寿命50台は、内国なら3歳1月入れで5戦ならクラシック持ちそうだが・・・外車では、権利取れないなw そして、今回は、本格化の気配もないな・・・

問題は、普通早の短命だw 実は、寿命80台の2000-3400・2200-3600とかの菊用が、たんまり残っているw 2歳1月に入れれば、菊までまったく問題ないんだが・・・オークス・ダービー後に入れ替えたいタイプの私として、何度も短命を失敗してきたw 3歳春は、早熟有利・秋になると、普通早有利とみている。なら、最短で、桜用のマイラーの後に菊用。通常でダービー後に菊用をいれたい。そこで、姫機に皐月後4月4週に寿命83の2200-3600ってのと、寿命85 2200-3200というSP85の普通早ステイヤーを投入w  コメは、タフじゃないコメだった。殿には、ダービー後に 寿命84と92の秋華・菊を使える牝ステイヤーを投入した。結果w 寿命80台は、最大で11戦しても本格化しない( ´△`)アァ-  ただ、8戦目に殿の寿命84 トルシエベガがローズ2着(*゚∀゚)=3 これもレース後でも本格化してないが、内容から次か次じゃないだろうか・・・ そして、1000万下くらいなら、能力で勝ち負けするが、レースのない準OPは勝てないなww  寿命92のやつは、4戦で本格化した(´∀`)9 ビシ!!  結論w 入れ替え用なら寿命90以上ないやつは、使えないww ただ、いつも菊の後に引退させていたが・・・どこでコメが出るか、確認してみようと思うw 予想では、12戦くらいかな? 菊あたりは、レベルの低い年もあるので、ある程度本格化していれば、通用するだろうが・・・実際、SP84の寿命100で本格化しているステイヤーの方が強いんじゃないかなw 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

再度設定w 最終防衛ラインPart2w

最終防衛ラインも簡単に突破されて、打つ手もないなww  感性のエース 大輔さんに ホープの ふうりんさんの馬主1位争いを見物しているだけなのかw 黒沢さんも宝塚を制覇し、ムードメーカー 甲斐さんもオークス制覇と まさに 祭りだワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ  じゃないかww

「最後まで…希望を捨てちゃいかん
 あきらめたら そこで試合終了だよ」

by  安西監督(湘北バスケ部)

「やるしかねえ……… !!」

  by  三井寿(湘北バスケ部)

「オレたちは強い」

 by  赤木剛憲(湘北キャプテン)

「負け試合なんて まっぴらだ
 相手が海南大付属であろうと
  負けたくねー」

  by  流川楓(湘北バスケ部)

「必ず何か勝つ方法があるはず…
 彼らとて同じ高校生だ
 勝負に“絶対”はないのだから」

  by  安西監督(湘北バスケ部)

(´-`).。oO(秋のGⅠ勝ちまくれば、わからんよww  昨年も秋天・JCダブルに有馬シングルだった(*゚∀゚)=3   【☆ミ】にあきらめたという単語は、ない(´∀`)9 ビシ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

最終防衛線(´∀`)9 ビシ!!  

さてさて・・・ML67年も5月が終了し、感性国が抜け出してきた( ´△`)アァ-  現在14億3000万差だが、これは決定的な差なのか考えてみたw 戦前の予想では、ML67年を限定に国力分析してみると・・・ 2:8 で 感性国有利と見ていた。 これは、ML57年の のんびり大国 4:6、   ML58年アグレ国 4:6、  ML61年仮祭り 3:7、  ML62年憩い祭り 3:7  以上の戦力だ。

結果として、のんびり大国は、エース格の富永氏が祭り前年の個人総合争いの影響にて出遅れた事。 アグレ国は、押していた古馬・3歳路線から【☆ミ】得意の2歳路線に誘われた事。憩い国は、王道路線にこだわる戦術の影響にて、【☆ミ】が勝利した。 仮国においては、バランスの良い布陣で【☆ミ】を押し切った。 これら4大大戦は、実は非常に微妙なバランスにて、勝者と敗者が分れたと見ている。つまり、勢い・流れのつかみ合いにて、どちらが勝つかは、紙一重の結果だった。

この大国大戦との分析より、感性国相手には、5億以内が最終防衛ラインと見ていた。 まずは、経験値・・・黒沢・ロダン帝がいるので、駆け引きにはたけている。力強さにおいても、GⅠハンター 大輔氏・小次郎氏がいる。勝ちきれないまでも、最近GⅠでの好走が続いている ふうりん氏も ブレイク寸前といったところか。 曲者甲斐氏も 元常勝エッジ軍団の一員だ。 新鋭隼人氏は、未知数ながらも不気味だ。 仮さんが短距離・長距離・ダート・王道等の各路線のスペシャリストを擁して全国制覇したのに対して、感性国は、馬主としての古株ー最強ー中堅ー若手ー曲者 と 良いバランスを持っている。 離されては勝てないと見ていた。

しかし、現在14億差(;・∀・) もう無理だなwww

思いおこせば・・・・ML58年 アグレ国の よいち・くじら・たま・令弧中・みかどっと氏 等 の 勢いに押されて、5月終了時点で9億差w  この年も2度あきらめかけたw     ML62年 憩い国 の GⅠハンター陣相手に 6月終了時点で11億差w この年も 憩い国の秋の強さを知っていただけに、あきらめかけたww  でも・・・あきらめなかったのは、常勝【☆ミ】としてMLに君臨し続ける 【☆ミ】プライドだった(´∀`)9 ビシ!!

結果、アグレ国とは8億差の勝利(´∀`)9 ビシ!!  憩い国とは、5億差の勝利(´∀`)9 ビシ!!

ということは・・・アグレ国に対して、17億差でもいけたw 憩い国とは、16億差でも ひっくり返せた計算になるな・・・

現在、感性さんとは、14億差・・・ ハナでも前に出ればよいのであれば、最終防衛ラインは、可能性として17億差だ(*゚∀゚)=3

(゚Д゚)<まだまだいける! 【あきらめない】 それが、【☆ミ】プライド(´∀`)9 ビシ!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

ML67年 1/4終了(;・∀・)

ML67年 3月まで終了したw 現在祭り開催中の感性国とは、5億差がついているw 2月終了時までは、互角だったが・・・ジワジワ広がってきたな( ´△`)アァ-  しかし、過去の祭りと同じパタ゜ーンだなww 1・2月は、接戦で3月から差が広がりはじめて、4月・5月は徹底的にやられるwww  アグレ祭り・仮祭り・憩い祭りともそうだったw  

戦力分析通の【☆ミ】の大殿としては、予想以上に接戦だなと分析している。実は、最初っから大差で勝負にならないのではないかと見ていたよ( ´△`)アァ-  その割には、ついてこれたな(*゚∀゚)=3  (´-`).。oO(関係ない諸国の強豪も、感性圧勝と予想していたんじゃないかな・・・・・   過去の祭り大国との違いは、感性国には、【☆ミ】同様に超古豪(超ロートルとも言うw) 黒沢・ロダン帝がいることだw つまり、唯一の優位性の経験則が互角だなw もうひとつ他の祭り時との違和感を感じているのが、ロダン大帝の余裕だな・・・ のんびりの青色さん・リグニンさん、アグレのよいちさん・くじらさん、仮のどびぃさん・朱弥さん等 過去の祭りの上位者でエースと呼ばれた方々は、年頭からフルスロットルだったと見ている・・・ ゆえに、疲れてきたところを馬を集めていなかった【☆ミ】の古将陣が、馬の入れ替え等にて夏場から急激に盛り返し、逆転の【☆ミ】を実現してきたがw 今回のロダン大帝は、やや余裕残しだなw その分、感性国として再加速可能と分析する。それとは対照的に、今年の【☆ミ】は、例年祭り以上に結構仕上がっていたと見ている。その上下にて接戦に持ち込めているんだろう・・・ というのも、例年の祭りは、ベガ殿・姫が集中型(´∀`)9 ビシ!!  七郎君も祭りに集めているかな? 後は、マイペースだった(;・∀・) しかし、今年は相手が強いと見たのか、コロレフさんが昨年の川崎記念勝ち馬を1年寝かせていた(´∀`)9 ビシ!!  そして、帝王・かんさんは、昨年末の3歳馬入れ替えを遅めじゃなくて、即戦力の普通早タイプを投入したんじゃないかな? スーパーエース だーくさんは、仕事も忙しくマイペースだが・・・ 完全に集めたわけではないが、例年祭りより4割増しの【☆ミ】(´∀`)9 ビシ!!  ということで、接戦にはなっているが・・・【☆ミ】として、夏場の伸びしろはやや狭め(;・∀・) 対して、感性国の伸びしろは、他国祭りより広め((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  と考えて、あまり離されては、追いつかないな・・・・ 

今年の今までの戦いで特筆すべきは、【☆ミ】がマイル以上の古馬戦線の重賞を京都記念のひとつだけと苦戦している点だww つまり、秋の古馬3冠路線に新鮮な馬の出走権が取れていない・・・ 逆に押しているのは、古馬牝馬路線w ここは、例年分散させてきている他国に押されまくるのだが・・・・今年は、なぜか集中しているww その分、王道路線が手薄になっているんだがw  特段戦術をもちいない【☆ミ】なんだが・・・みんな気を使って、過去の大戦の経験からか牝古馬を入れてみたら、被りまくったというところか(;・∀・)  

ダート路線は、感性国に対して、非常に手薄なんだが・・・そこは、MLダートの使い手NOⅠのコロレフさんが、しっかりGⅠを制している(´∀`)9 ビシ!!  それでも、感性国の高杉さんもダブルで互角といったところかww 

クラシック路線なんだが・・・年頭は、押していたがTRから押されまくりだな( ´△`)アァ-  ここも例年と同じパターンだなw  恐らく、祭り当事者国の人は、2歳1月に内国早熟を入れて、TR-本番を意識して仕上げてくるが・・・  【☆ミ】は、外車からスタートして、権利取れそうだったら、そのままクラシックへ突入(´∀`)9 ビシ!!  無理なら、内国チェンジするんだろう・・・よって、1月・2月は、感性国に対して、シンザンー京成杯・共同ーきさらぎ と連闘して、外車枠を確保に動く(´∀`)9 ビシ!!  しかし、きさらぎの後や弥生・スプリング後に内国チェンジするものの、レース勘・調子の上がりが悪くて、ゆっくり仕上げてきた馬に遅れを取るパターンだww これは、祭り年の年頭に調子があがらない、かんさんの成績と同傾向だなw ダービーの頃に仕上がってくるので、そのころから かんさん・【☆ミ】の調子も上向いてくるのも説明がつくww 

しかし、先にも書いたが、やや余裕を感じさせる感性国相手に例年のような逆転劇は、通用しないとなると・・・なんとかついていきたいな( ´△`)アァ-  苦手な4月・5月をどう乗り切るか・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

帝王が1位だ(*゚∀゚)=3

ML66年は、【☆ミ】の副団長 橘翔殿 が 自身初の総合1位に輝いた(*゚∀゚)=3 

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

【☆ミ】は、通算22回目の全国制覇を成し遂げた 常勝軍団なんだが・・・ 摩訶不思議なのが、開国依頼ML40数年・・・この間に個人総合1位を取ったのは、ML46年のコロレフさんだけだったw  かんさんが、ML2・3年と総合1位が2回あるがw 【☆ミ】加入前だったw  随分前になるな( ´△`)アァ-   通算GⅠ 100勝越え 鬼のだーくさんも1回もないww  ML継続第一の姿勢の国風がなせる業だな・・・

(゚Д゚)<バンバン 個人1位も取りたいよ!!

これはこれで、【☆ミ】らしい と 誇りに思ってる(´∀`)9 ビシ!!  【☆ミ】の武将は、超古豪のロートル集団だww  新規参加メールも結構くるが・・・まったく受付していないw 現在のMLの話しなどほとんどでない 惰性で楽しんでいるので新人は、国風にあわないのだw 現在もML上位に顔を出すのは、かんさんとコロレフさん くらいになっているが・・・ちょこっと気合を入れると、個人総合の上位に顔を出すポテンシャルは、今でも兼備しているのが【☆ミ】古将陣と見ている(´∀`)9 ビシ!!

それを証明してのが、今回の帝王の総合1位だ(´∀`)9 ビシ!!  ML界にはびこる・・・帝王病w その名前の由来が橘翔殿 こと 帝王 と知っている人も少なくなってきているんじゃないだろうか? ML10年代に GⅠを続けて2着を繰り返してつけられたありがたくない名称なんだが・・・ここまで、浸透すると、逆に歴史を刻んだと素晴らしいことだなw その帝王がML界に名を馳せたのは、ML7年に活躍した名短距離馬 アンタッチャブル号じゃないだろうか・・・その年に初めての表彰馬となり、次年度のML8年に初めてベスト10入りとなる個人総合6位になっている。 私は、まだMLに参戦する前の話しだなw ノーマル時代には、そのアンタッチャブル号にこだわり、箱庭でもこの系統を立てて継続箱からML行きの馬を生産していたこだわりも見事だな(´∀`)9 ビシ!!  その後、エッヂ VS 無双 戦争では、無双の野武士的存在として 真・感の親玉 黒沢さんとともに 一世を風靡した(*゚∀゚)=3 

個人的には、エッヂ・無双時代に活躍した古将が活躍すると嬉しいものだ(*゚∀゚)=3 また、いつか鬼だーくさん・黒沢さんあたりの復活Vなんてものを見てみたいなw まぁ~とりあえず、まったり続けていくのが大事だなw 長~く続けていると、たまにモチベーションがあがって暴れるってのが良いな(´∀`)9 ビシ!!  そんな居場所としての【☆ミ】であり続けたい( ´△`)アァ-  しかし、そんな低めのモチベーションの割りに成績が、極悪なのも【☆ミ】だwwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »